2 / in the middle of nowhere

« In the middle of Nowhere » is a new stereographic photographic series of Natsumi Suzuki Yamada. The shooting in Paris, Southern France Provence and her home town in Northern Japan. At first sight, a pair of photographs seem identical, yet these are slightly different.  Her old student's story about Parallel Universe reminds the photographer back to the other-world, where the things are somewhat different from our reality. Natsumi likens these little differences to the stereoscopic photography; she rebuilds the series upon her philosophy «It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye». 

 

 新作の “In the Middle of Nowhere”は日本語にすると「辺鄙なところ」という意味をもつ、ステレオグラフ作品です。こちらは1832年英国・ヴィクトリア朝の科学者 Sir Charles Wheatstoneによって発明された、被写体が立ち上がるように立体的に見える写真技法。1850~1920年頃に隆盛期を迎え、当時の欧米人は家にいながら世界旅行を楽しんでいました。 パリ/プロヴァンス/宮城にて撮影。二重露光や合成なしのストレートフォトで構成。一見すると2枚同じ写真ですが、わずかな違いが……。作家はある女性が語ってくれたパラレルワールド「現実に似ていてちょっと違う世界」に思いを馳せます。現実と別世界との微妙な差異に生まれる異空間をステレオグラフに見立て、再構築。